年齢を積み重ねていけばいくほど、重力に耐えきれず、皮膚は下へ下へと徐々に垂れ下がってきます。まぶたの場合は、皮膚がハリを失うと、二重の部分に覆いかぶさるようにして、皮膚が下がって来てしまうのです。やはり、目元は他人から見て目につきやすく、その人の印象を大きく左右するので、まぶたのたるみがあると、疲れてみえたり老けて見えたりしてしまいますね。実際、若い頃はくっきりはっきりした二重だったのに、歳を取ったらまぶたがたるんでしまい、奥二重になってしまったというような女性も少なくありません。二重まぶたがたるんでしまって、眠いような顔に見えたりしてしまうだけならまだいいのですが、まぶたが上から下に垂れ下がってくると、垂れ下がった分、視界が狭くなりますよね?視界が狭くなると、目は一生懸命に物を見ようとするので、目が疲れやすくなったり、それに伴って肩こりや頭痛が生じたり、眉間にシワがよりやすくなるので、額にシワを作ってしまうことになります。年齢や重力に逆らうことは出来ませんが、日々しっかりとお肌をケアしてあげることで、たるみの進行を遅らせることは十分可能だと思います。若い頃はくっきり二重だったのに、ある日ふと、鏡を見てみたら奥二重や一重になっていたなんてこと、考えたくないですよね。そうならないためにも、きちんとケアをしてたるみを改善させていきましょう。どのようなケアを行えばいいかと言いますと、ドラッグストアやコスメ売り場に行けば、必ずアイクリームやアイケアクリームと言った物が置かれています。保湿成分が配合されている物を選び、アイクリームを使いながら、まぶた周辺の皮膚や筋肉をマッサージしてあげると、より効果的だと思いますー